I LOVE Pet ピックアップ
うちの子自慢
自慢のペット1
<左:太郎ちゃん 0.7ヶ月>
<右:次郎ちゃん 0.7ヶ月>
自慢のペット2
<ボックルくん 1.2ヶ月>
自慢のペット3
<コットンちゃん 0.5ヶ月>

ペットのお留守番で大切なしつけ方法とは?

基本的に動物は縄張り意識が強いので、多少孤独になっても生活することは出来ますが、人間と生活することに慣れてペット化した動物は話が違ってきます。
その場合にはいつもご飯を貰うことができたり、遊んでくれたりする対象が存在するので、これが少しでも存在しなくなることに不安を覚えるようになります。そのため、お留守番に慣れるまでには、適切なしつけの方法を施しておくことが大切となります。
まず、一番優先して覚えさせるべきことは、お留守番は楽しいものという意識を植え付けさせることです。
たとえば、飼い主が不在でもご飯は常に用意されており、遊び道具も楽しいものが置いている状態などが挙げられます。要は、飼い主がいないときでも不自由を感じさせない環境を作ることが重要になります。

次に、トイレや破壊行動に関するしつけです。ペットにしている動物によっては、飼い主が不在のときに暴れたり、トイレではないところでトイレをしたりする場合があります。これらのしつけは日常の生活から少しずつ行うことが大切であり、特にお留守番をしていないときでも自然に出来るようにしておきましょう。こうすることで、他の場面でも、たとえば来客が来た場合などでも安心できるようになります。


check


評判の美容室が砺波にあります

障害者施設 食事

イノシシ忌避剤を提供しています


最終更新日:2020/2/21

犬と暮らす 犬の知識 フォーラム インフォメーション

ご意見・ご要望BOX




Copyright(C) 2007 ペットショップサーチ. All Rights Reserved.